薬剤師転職-恋愛と結婚事情

将来、薬剤師を目指している方の間で、恋愛や結婚といった観点から薬剤師という職業を見た場合どうなんだろうか‥といった話が持ち上がることはありませんか?
薬剤師転職の際のポイントは?

恋愛に関しては、どんな職業であっても、恋愛に恵まれている人、恵まれない人はいるものです。薬剤師だからどうということは、特にないでしょう。ただ、職場環境によっては、日々多忙でプライベートな時間も思うように確保できないということもありえます。このような状況下では、恋愛する暇さえない、異性と交際する時間も十分に取れない‥といった苦労はあるかもしれませんね。

薬剤師の方は学生時代も、薬剤師の国家試験に合格するために勉強勉強の日々で、異性と交流する時間さえなかった‥という方は少なくありません。しかし、一方で、勉強と恋愛をバランスよく充実させていた仲間もいたはずです。忙しい職業は他にもたくさんあります。薬剤師だから恋愛しにくい‥ということはありません。要は、自分次第で薬剤師をしながら素敵な恋愛をすることは可能なのです。

恋愛の先には、結婚という形がみえてくることもありますが、恋愛と結婚は別だと考えている方もいらっしゃるでしょう。また、婚活というフレーズも最近頻繁に飛び交っています。実際に、結婚相談所を利用している方も多いと聞きます。

結婚相談所に登録する際、職業を薬剤師と記載した場合に結婚に有利かというと、それほどのものではないようです。医師と同じような年収だと勘違いする方も中にはいらっしゃるようですが、一般的には、少々年収が高い程度だと認識されているからです。

結婚後については、女性薬剤師は頑張って国家資格を取っただけのことはあるでしょう。女性の場合、結婚したら出産や育児という流れになることが多いので、育児に専念する期間は薬剤師を続けることができないこともあります。一旦、退職する形になることも少なくありません。

しかし、薬剤師の資格がある限り、復職することは可能です。確かにブランクが長期に渡ると前線で働くのは慣れるまで大変かもしれません。けれども、正社員として復職せずとも、パート勤務という選択肢もあります。一般のパートに比べて、薬剤師のパートは時給が高いので、パートでも満足のいく収入を得ることができるでしょう。

女性薬剤師の場合、結婚してから「頑張って薬剤師になってよかった‥」と改めて実感することも多いのではないでしょうか。


薬剤師転職-趣味や遊びについて

薬剤師は、常に真面目で、黙々と調剤をしているイメージを持たれている方も少なくないのではないでしょうか。そして、そんな薬剤師の趣味や遊びに興味のある方もいらっしゃるでしょう。

薬剤師対象のアンケート調査によると、薬剤師の中には変わった趣味を持っている方もいらっしゃるようですが(薬剤師に限らずいますが‥)、多くの方が、普通の人と同じような趣味や遊びをしているようです。薬剤師だから‥といった特徴のある趣味や遊びをしていることはほとんどありません。

変わった趣味を持っている薬剤師の方は、薬剤師になるまでの生活環境が影響していることはあるかもしれませんね。薬剤師になるには、かなり勉強しなければなりません。大学に進学しても国家試験に合格するまで、気を抜けない状態です。趣味や遊びに没頭している暇は当然ありません。

ですから、勉学から解き放たれて時間に余裕ができたことで、それまでしたかったこと、興味のあったこと等々に没頭する傾向が強いのかもしれません。しかし、薬剤師になって趣味や遊びに没頭できる時間を確保できるかどうかは、勤め先によって違ってくるでしょう。

忙しい職場で働いている場合、学生時代と同様に自分の時間を充分に持てないこともあります。薬剤師に限らず、残業時間が多くなっている職場は増えてきているようですから、社会全体でも充分なプライベートの時間を確保するのが難しい時代に突入しているのかもしれません。

独身時代ならまだ自分の時間は持てるでしょうが、結婚すると家庭や子供優先になりますから、ほとんど趣味や遊びに没頭することはできないでしょう。特に女性は母親になると、目まぐるしく忙しい毎日となるでしょう。

また、薬剤師は社会人になっても常に勉強していく姿勢は欠くことができません。医療は常に進化していますので、新薬も続々と登場しています。新薬に対する知識がなければ業務をこなすことはできません。そのためには、薬の情報を入手して最新の知識を得ることが大切です。勤務時間外でも勉強する必要がでてくることもあるでしょう。

薬剤師も置かれる環境で、趣味や遊びに時間を割けるかどうか違ってくると言えるでしょう。

薬剤師転職-高収入求人について